ホーム > 病院について > 病院設備・施設案内 > 内視鏡検査

診療受付日時

月~土
午前 8:30 ~ 午後 12:30
午後 1:30 ~ 午後 4:30
休診:日曜・祝日

急患の方は24時間診察いたします。
午後5:00~午前8:30は救急外来入口よりお入り下さい。

所在地

〒123-0853
東京都足立区本木1-3-7

交通アクセス>>

内視鏡検査

当院の内視鏡検査について

当院は内視鏡の指導施設になっており、ハイビジョンシステムを主体とした高画質内視鏡を使用するなど、内視鏡検査の精度向上に努めております。また検査で病気が発見された方の治療方針を正確に判断できるように、最新機器を用いて精密検査を行っております。
NBI拡大内視鏡検査をはじめとする内視鏡システム、内視鏡スコープを導入しており、日本消化器内視鏡学会の専門医、指導医が常勤医として勤務しております。その他にも、経験豊かな医師が検査を担当しておりますので、安心して検査をお受けください。

内視鏡検査(胃カメラ・大腸検査)が不安な方には安心して楽に検査ができるように鎮静剤を使用し、眠っている間に内視鏡検査を行っております。以前に内視鏡検査で辛い経験をされた方や、検査が苦手な方は是非ご相談ください。

内視鏡検査の種類について

上部消化管 内視鏡検査(胃カメラ)

胃の調子が悪い方や、食欲不振、胸やけ症状がある方などに行う検査です。食道、胃、十二指腸の観察を行います。腫瘍、ポリープ、潰瘍、炎症、静脈瘤をはじめとする病気の診断や胃癌、胃十二指腸潰瘍の原因であるピロリ菌の有無を診断いたします。

下部消化管 内視鏡検査(大腸検査)

大腸癌検診で便鮮血反応が陽性となった方や、お腹の調子がすぐれない方に行う検診です。
大腸に発生した腫瘍、ポリープ、腸炎をはじめとする病気の診断を行います。大腸ポリープは抗血栓薬、抗凝固薬(血液の流れを良くするお薬)を内服していない方は、内視鏡検査時に切除が可能です。また、上記の薬を内服している方は後日に担当医と相談していただいて治療を行っています。

ERCP(内視鏡的膵胆管造影検査)

内視鏡を使用して膵管や胆管、胆嚢を直接造影して診断、治療を行う検査です。通常の消化管内視鏡検査とは異なる特殊技術が必要です。膵臓癌、胆道癌当の悪性腫瘍や、胆石症など、良性疾患の診断を行います。必要に応じて処置や治療を続けて行います。

呼吸器 気管支鏡検査

気管支鏡は、口または鼻からのどを通して、気管支鏡(気管支ファイバースコープ)を気管や気管支の中に挿入して内腔を観察したり、組織や細胞、分泌物などの検体を採取する検査です。
血痰、原因不明の咳が続く場合、胸部レントゲン写真やCT写真で肺に異常陰影(肺癌や感染症、炎症)が疑われる場合、喀痰検査で癌細胞を疑う所見がみられる場合などに行います。
気管支鏡による検査、治療について、詳しくは日本呼吸器内視鏡学会のホームページをご参照ください。

「気管支鏡による検査、治療について」Q&A

主な内視鏡手術と処置

  • 胃、大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)
  • 食道、胃、大腸粘膜下層剥離術(ESD)
  • 内視鏡的胆管結石除去術
  • 消化管内視鏡的止血術
  • 食道静脈瘤結紮術
  • 胃痩、食道痩造設術

胃腸の調子のすぐれない方はご相談ください。

内視鏡検査のご予約可能です

検査は予約制となっており、月~金曜日まで毎日行っていますので、スムーズに検査を受けることができます。また、緊急時も対応しております。気になる症状等がありましたら、一度当院で検査してみてはいかがでしょうか?
いずみ記念病院 TEL:03-5888-2111